MENU

カナガンドッグフードを子犬から与えるべき理由

カナガンドッグフードを子犬から与えるべき理由

 

多忙な日々を過ごす現代人にとって一時の癒やしを与えてくれる存在が愛犬であることから、家族の一員として子犬を招き入れて共に暮らしていくことが人気を集めています。

 

そのため、必然的にドッグフードのマーケットも成長が著しく、各メーカーが様々な企業努力を重ねて自信作を販売しています。

 

その中で唯一無二のドッグフードとして支持を得ているのがカナガンドッグフードで、色々な製品を購入し続けてきたもののすっかりカナガンドッグフードに落ち着いたという方が大勢居ます。

 

そのようなカナガンドッグフードはイギリスで作り出されており大麦やとうもろこし、小麦といった犬に対して好ましくない穀物を一切使っていないのが特徴です。

 

カナガンドッグフードが穀物を使わない理由は皮膚トラブルや消化器系の変調を引き起こしやすいことが関係している上に、栄養的な価値がほぼない食材であるためです。人間は炭水化物を酵素の力で分解するものの、犬は持ち合わせていないので消化が難しかったり不可能なのです。

 

そうした事実は生体について詳しい方にとっては常識とも言えるほどであるのに、製造メーカーの中には意識していないものが多く、獣医師を中心として警鐘を鳴らしています。

 

また、カナガンドッグフードは食べやすさにも考え抜かれていて、口や食道が小さく細い子犬でもスムーズに摂取でき、1日に数回食べたとしても消化不良に繋がらずしっかりと消化した上で体の外に排出可能です。

 

さらに、軟骨成分を生み出すために重要な役割を持つグルコサミンも配合されているので、成長して成体になった頃には外科的な怪我に見舞われにくい健康に特化した身体になります。

 

予想外の怪我により苦しんでいる姿を目にすることなく、長い間愛犬と思い出を作っていけるので飼い主としても懸念材料が無い状態で接していくことができます。

 

カナガンドッグフードは実店舗での取り扱いは行われていないので、ウェブサイトからオーダーするしかないのですが、公式サイトから買い求めるからこそ類似品に手を出すことがありません。

 

 

このページの先頭へ