MENU

カナガンドッグフードを与える量は、どのくらいが適量?

カナガンドッグフードを与える量は、どのくらいが適量?

 

カナガンドッグフードを与える際に気になるのが、犬に与える量です。実際にどのくらいの分量を与えれば良いのか、迷ってしまう飼い主の方も多いようです。

 

カナガンドッグフードのパッケージには、犬の現在の体重をもとにした、給与量表が表示されています。その給与量表に合わせて愛犬に適した量を与えると良いのではないでしょうか。

 

しかし、実際には個々の犬ごとに食欲や身体のコンディションには違いがありますので、必ず給与量表の分だけ与えなくてはいけないというわけではありません。実際にカナガンドッグフードを与えた後の犬の便の状態や、身体の状態をしっかりとチェックしながら5グラムずつ増減していくのがお勧めです。

 

一般的には、便の状態が柔らかすぎる状態の場合はフードを与えすぎていて、便が硬すぎる場合は、与える量が少なすぎるとされています。丁度良い便の状態は耳たぶくらいの硬さとなっていますので、耳たぶの硬さを目標として、フードの量を5グラムずつ調節していくと良いのではないでしょうか。

 

更に、犬の身体の状態も毎日チェックしておくと良いでしょう。犬の身体のあばら骨が簡単に触れるくらいでしたらやせすぎており、少し身体を押してみると骨を触ることが出来るくらいが、丁度良い体重が保てているとされています。明らかに肥満気味の場合は少しずつフードの量を減らしていくと良いのではないでしょうか。

 

やはり、犬の体調を毎日しっかりとチェックしながら、与える量を調節していくことがとても大事になってきます。体調の変化とともに身体を触ってあげて確認してあげましょう。

 

カナガンドッグフードは原材料に非常にこだわりを持っており、高品質で新鮮な食材を使用しているために、食いつきの良くなかった犬も食欲が上がる可能性が非常に高くなっています。よく食べるために、ついつい与えすぎてしまうこともありますので、注意しましょう。食べ過ぎには注意して、飼い主がしっかりと犬の体調管理をしてあげることをお勧めします。

 

 

このページの先頭へ