MENU

トッピングに頼らないカナガンドッグフード

トッピングに頼らないカナガンドッグフード

 

安いドッグフードは価格を抑えるために必要な栄養が入っていないことや、犬は本来食べない穀物などが配合されています。

 

そんなドッグフードでは愛犬が健康で長生きすることは難しく、体調などに問題が出てきてしまいます。カナガンドッグフードは、従来のドッグフードよりも肉の配合比率を高めており、動物性タンパク質のほか野菜やハーブなどの厳選した素材を配合しています。愛犬に必要な栄養素がバランスよく摂取することができ、グルテンフリーにこだわっているため消化もよく、愛犬の体調を整えることができます。

 

カナガンドッグフードは愛犬の食いつきが良いドッグフードとして評判ですが、中には食べない子もいます。食いつきをよくするためには他のメーカーの脂肪分や塩分などを増やしたドッグフードを食べさせれば食いつきはよくなります。しかし、食いつきのためだけに質の悪いものをあげてしまえば、体にも影響が出てきてしまいます。人間に例えるならファーストフードやジャンクフードを与え続けるということになります。

 

なるべく質の良いものをあげたいという時には、こだわりの素材が使われているカナガンドッグフードは安心です。カナガンドッグフードが好みの犬出れば、トッピングがなくてもしっかり食いついてくれます。それでも食べてくれないという場合には、今まで与えていたドッグフードの中に、カナガンドッグフードを細かく粉状になるまでふりかけのようにして入れていきます。

 

年齢が若い犬の場合は、食事前に軽くお湯を垂らしてふやかした状態にして香りをつけてから食べさせてみるのも有効です。香りを嗅がせることで食欲を増させる効果があります。

 

偏食の場合には食事以外でトッピングやおやつを与えないことが良いとされています。食事の時間にメリハリをつけることで腹持ちを短くして、食事の時間にきちんと空腹を感じることができドッグフードも食べられるようになります。そうすることで、理想的な栄養バランスで偏りを解消できます。

 

このページの先頭へ